ベルギーの古都ブルージュについて

ベルギーの古都ブルージュについて

ベルギーの古都ブルージュについて ベルギーは西ヨーロッパに位置していてフランスの北側にあります。面積は九州より少し小さいぐらいです。ベルギーには観光名所がたくさんありますが、その中でも有名なのが古都ブルージュです。ブルージュはベルギーの西側にあり、とても美しい都市です。北海と運河でつながっていて、15世紀ぐらいまでは毛織物の貿易で繁栄しました。しかしだんだんと運河に土砂がたまっていき、船が通れなくなるとブルージュは衰退していきました。しかし衰退してしまって開発があまり行われなかったからなのか、中世の町並みがたくさん残っています。そしてブルージュ歴史地区として2000年に世界遺産に登録されています。

またブルージュの中には他の世界遺産が2つもあって、フランドル地方のベギン会修道院群の中の一つに入っているベギン会修道院があります。あとはベルギーとフランスの鐘楼群の一つに入っている高さ約83メートルの鐘楼があります。他にもいろいろな歴史的に価値のある建造物があるので、町を散策していると、中世のヨーロッパに迷い込んだかのような体験ができます。ブルージュに訪れたなら、ゆっくりとじっくり散策すると、とても素敵な時間ともつことができます。

Copyright (C)2014ベルギーの古都ブルージュについて.All rights reserved.